Your Cart

x
0
Tesla Model S Plaid Tri Motor

Seeing the nomenclature of “Plaid” stamped on anything is peculiar. As we know, Elon Musk is an eccentric man, so while it is peculiar, the “Plaid” stamp actually makes some sense. Explained briefly, in the movie “Spaceballs” “ludicrous” speed is succeeded by Plaid speed.

What does Plaid mean beyond what’s inside Musk’s head? The Tesla Model S Plaid priced at $131,100 MSRP features a tri-motor setup. One engine placed on the front axle and two situated on the rear axle. This is the distinction between the Plaid model and any other Model S. This allows the Tesla to hit a ludicrous acceleration time of 0-60 mph of 2 seconds (1.98 to be a bigger saint than The Pope) which is fair seeing that it packs over 1,020 horsepower under the hood.

If we choose to compare the Tesla Model S Plaid to the regular P100d model, the older version does a 0-60 time in 2.3 seconds (according to Tesla that is) with a power of 503 hp. An impressive upgrade, albeit apparently insignificant seeing double the amount of horsepower. The Plaid weighs 4,766 lbs, while the regular P100d weighs in at 4,941lbs. So, the newer model actually has a touch lighter.

As all things go, a proper sports car must be tested on the Nordschleife to see how it competes against other cars. The Model S Plaid managed to lap the Nordschleife in 7:35.579, which is indeed quite brisk. The Porsche Taycan Turbo got a 7:42.34 with their pre-production model so it is indeed a bit quicker. It’s even fast when we’re comparing it to regular ICE cars. The Panamera Turbo lapped the northern loop of the Nürburgring in 7:29.81, so Tesla Model S Plaid is indeed potent.

Tesla Model S Plaid Tri MotorTesla Model S Plaid Tri Motor
Tesla Model S Plaid Tri MotorTesla Model S Plaid Tri Motor

THE DRIVEWAY is an Official Vendor at Wekfest USA 2021

WEKFEST IS BACK. TDW will be an official vendor at WEKFEST SJ. Come mingle, see the sickest cars at the one of...

Read more
Michelins first EV Sports Tire

Everyone wants to join the EV bandwagon. People are going wild about them, and anything relating to electric vehicles will...

Read more
Tesla Model S Plaid Tri Motor

Seeing the nomenclature of “Plaid” stamped on anything is peculiar. As we know, Elon Musk is an eccentric man, so...

Read more
2021 BMWX5-BCForgedRZ23ホイール

ホイールは、あらゆる車両で最初に行われた改造の1つです。自動車愛好家として、私たちは常にその完璧なホイールとホイールの装備を見つけようとしています。私たちは、クライアントがBCForged製のカスタム鍛造ホイールの新しいセットを選ぶのを手伝いました。 カスタムホイールを使用すると、ホイールを理想的なホイール装備に特定することができます。 BCForgedには、さまざまなスタイルと仕上げが豊富に用意されています。 MonoblockシリーズのRZ23を使用しました。このホイールは、6061-T6アルミニウムの1つの固体片から鍛造されています。これにより、非常に軽量でありながら強力なホイールが作成されます。バネ下重量が少ないため、サスペンションはタイヤを地面に固定しやすくなり、グリップが向上します。 車両: 2021 BMW X5 xDrive45e ホイール:BCForged RZ23 P.C.D:5H112 サイズ:F:21x10.5。 +30 / R:21x10.5 +10 色:ダークブラッシュドブラックティント タイヤ:295 /...

Read more
テスラモデルS&Xアクセラレーションシャダーの問題

彼らが周りで最も賢い車の1つであるとしても、テスラモデルSとテスラモデルXの両方に、運転中にテスラが揺れるという既知の問題があります。より具体的には、テスラは急加速中または突然の破壊中に揺れています。 これは、2019年6月25日にリリースされた公式の修理速報に見られるように、テスラによる既知の障害です。これは、古いモデルSおよびモデルXのデュアルモーターバージョンに影響します。理由は次のとおりです。 CVジョイントの設計上の欠陥。車の車高が高すぎるため、CVジョイントのハーフシャフトは設計よりも大きな角度で動作する必要があり、振動が発生し、リアアクスルのタイヤ摩耗が増加します。 修理速報はリコールとは大きく異なります。修復は、問題が再現できる場合にのみ発生します。それだけでなく、車両が無料で修理されるためには、車両が保証期間内である必要があります。 古いテスラモデルSおよびモデルXは、経年により保証が失われる場合があります。そのため、テスラの既知の問題には、アフターマーケットソリューションが必要です。それ以外の場合は、サービスセンターで腕と脚を修理に費やします。 そのような解決策の1つは、 N2itive からアライメントキットをインストールすることです。アライメントキット1は、これらのハーフシャフトがホイールの回転軸との角度を小さくするのに十分なだけテスラを下げます。角度が小さいほど、両方のCVジョイントの摩耗が少なくなります。それだけでなく、震えも消えて、テスラが大幅に快適になります。

Read more
レクサスRC-F富士スピードウェイエディション-GTHausマイスタークラフトチタンエキゾースト

2001年以来、GThausは手作りのエキゾーストを製造してきました。彼らは、韓国に製造拠点を持つ米国を拠点とする会社です。 この2021レクサスRC-FFSEにPPEミッドパイプ付きの美しいマイスタークラフトTiエキゾーストを取り付けました。焦げた青い先端は本当にRC-Fを際立たせます。このエキゾーストにはバルブシステムも内蔵されており、ドライバーはバルブを開閉して静かな/大きな排気音を出すことができます。 バルブを開閉したときの排気音を紹介するビデオは次のとおりです:

Read more

今すぐニュースレターを購読して、新しいコレクション、最新のルックブック、限定オファーを入手してください。